衛星アンテナ工事[アンテナ工事]


衛星放送アンテナ工事内容について

アンテナ工事内容の確認

お客様宅にお伺いしましたら、まず取付ける現場を見せて頂きます。メールやお電話でのお見積もり金額と異なる場合はこの時点で説明させて頂きます。

アンテナ工事前の準備


長ばしごあるいはベランダなどからアンテナ取付位置に立ち入らせて頂きます。ベランダへの出口などで必要に応じて養生をさせて頂きます。


アンテナ工事部材

<画像:5CFBケーブル>

アンテナケーブルはS-5CFBグレード、地上デジタル放送はもちろんBSデジタルや110度CSデジタルにも対応したケーブルを使用します。


<画像:屋根馬>

BSアンテナ固定金具も溶融亜鉛メッキ仕上げやアルミ、ステンレス製など錆びにくい素材の物を使用しております。


アンテナ工事作業

<画像:BSアンテナ手すり設置>

衛星放送のアンテナは、周囲に障害物がなければどこでも一定の受信レベルが確保できます。

お客様とご相談の上、設置場所を決めさせて頂きます。


<画像:BSアンテナコンクリート手すり取り付け>

ベランダに格子状の手すりがなく、コンクリート製の手すりの場合は右のような専用金具で手すりに取り付けさせて頂きます。


<画像:BSアンテナ壁面取り付け>

ベランダを広く使いたい、あるいはベランダの向きと衛星放送アンテナの向きが異なる場合は、壁面にアンテナを取り付けることも出来ます。


<画像:BS屋根馬設置>

壁面やベランダにも最適な取り付け場所が見当たらない場合は屋根上にも設置可能です

衛星放送アンテナだけでなく地上デジタル放送のアンテナも同時に設置することも可能です。


<画像:測定器でのチェック>

もちろん、専用測定器での調査も行い、受信レベルの余裕度も確認します。


お受けできない工事

<画像:屋根>

衛星アンテナを屋根の上に設置する場合に限りますが、

老朽化により割れやすくなった屋根への取り付けは屋根を破損する恐れがありお断りする場合があります。

また、当社が所有している梯子は全長約7mのタイプです。2階の屋根までは問題なく届きますが、3階の屋根までは届きません。

3階屋根でのアンテナ工事は3階ベランダから上れる場所を除いてお受けする事が出来ません(3階ベランダに屋根が付いている場合は上れません)


アンテナ工事に含まれる材料、工事内容

アンテナ工事で追加工事代が必要となるケース


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

当社のアンテナ工事価格
当社のテレビ設置価格
電話お問い合わせ:054-207-8822 Powered by
MT4i 3.0.8